特別養護老人ホーム 穂の香苑

栃木県小山市間々田の「穂の香苑」は、特別養護老人ホーム・ショートステイ(短期入所)・デイサービス(通所介護)・ホームヘルパー(訪問介護)・在宅介護支援センター(居宅介護支援)の各老人介護福祉事業を通じて、地域の皆様に親しまれる施設を目指しています。


更新情報

2015.2.18

「ボランティア・採用情報」を更新しました。(デイサービス准看護師・ホームヘルパー募集) NEW!

2014.9.18

「ボランティア・採用情報」を更新しました。

2014.6.24 

 「ご入所・ご利用・料金」を更新しました。(特養・ショートステイ・デイサービスの料金表記変更)


ブログ「はい!穂の香苑です!」

新しい自動販売機来る!

デイサービスの長で介護副主任であるSさんの発案により、先日、苑に新しい飲料自動販売機が設置され、稼働しました。デイフロアには紙コップタイプのもの(コカコーラ社)を、従来型特養の旧220号室にはカン・ペットボトルタイプの飲料(サントリー)を販売しています。販売価格は一般的な販売機より10円程度安くなっています。ご来苑の際には是非ご利用ください!

「平成27年度介護報酬改定に向けて」

 今年4月に迫った介護報酬改定の全体像がはっきりしてきました。

 報道にもある通り、全体としてはマイナス改定ですが、サービスによってはプラスになったものもあり、メリハリのある内容になっています。

 もうすぐ、はっきりとした利用料金がご案内できると思いますので、しばらくお待ちください。

(知)

まだまだ…

  暦の上では春になりましたが、今朝は路面が凍結するなど、まだまだ寒さが厳しい時期が続きます。苑の植え込みも連日霜柱が出来ています。

 皆様もどうぞご自愛くださいませ。

(知)

「特捜最前線」を見て感じたこと(ネタバレ)

 私の友人から、昭和の懐かし刑事ドラマ「特捜最前線」の第403話「死体番号6001号のミステリー」がCSの東映チャンネルで放送されるので、ぜひ見るようにと勧められ、録画しました。

 内容は新宿の地下道で焼死体が発見され、自殺か他殺かはおろか、身元すらはっきりしないというストーリーなのですが、クライマックスで船村刑事扮する今は亡き大滝秀治さんが涙ながらに(演技でなく本当に泣いていたように見えた)感情を爆発させて訴える言葉があります。

 

「自殺じゃない、あの人は殺されたんだ。直接手を下さなくとも、あの人を死なせた人間がいる。若者や管理人だけじゃない、あの人を追い詰めた人間がもっともっといる。わたしゃね、何年掛かったって、あの人の身許を割り出します。そうして、あの人を死に追いやった奴らを突き止めて、『お前、人を殺したんだぞ』って言ってやる。言ったところで、ぬかに釘なんだろうけどね・・・」

 

人を助ける仕事に従事する私にとってこれはとても重い言葉でした。

(知)

あけましておめでとうございます。

昨年は大変お世話になりました。本年もよろしくお願い申し上げます。

4月には介護保険法の改正が迫っております。しかし、情報としては質量共に報道されている程度で、わからない部分も多く、ギリギリの対応になりそうです。そんな慌ただしいスタートですが、皆様のご期待に応えられるよう、頑張ります。

(知)