新しい発見は何で探す?

 私の少ない楽しみのひとつに、書店に出向くことがあります。最近はスマートフォンやタブレットなどで読む電子書籍が普及し、紙の本を購入するにしても、アマ○ンなどで購入すれば、数日後には自宅に届くので、目的がはっきりしていれば、わざわざ書店に出向く必要がありません。

 

 それでも、時々書店に出向いてみると、ネットでは見つけられない、新しい発見があるのが魅力で、自分の視野を広げるには絶好の機会です。

 

 ただ、福祉分野の書籍に関しては、出版そのものが多くないので、実際に見て触れるとなると、有名で規模の大きい書店に行かなければなりません。そうなると書店に出向くこと自体が小旅行です。

 

 そんな大きな書店の広いフロアでもほんの一角だけ設けられた福祉コーナーは、年を追っても、制度の改定などがない限り、目新しいものがない印象です。変化が目まぐるしい一般的なビジネス書やIT関係の書籍とは対照的です。

 

 また、著者にも大きな変化がない印象です。私が入職したころに有名だった某専門家の著書がいまだに書棚を占め(定番とも言えるが)、また新参者が現れてもどうも自分の感覚とは相成れない、また、どれだけ頑張ってもそこで述べられているあるべき姿には到底及ばない印象を抱いてしまい、自信を無くしてしまいます。

 

 しかし、書籍に著せないだけで、様々な考え方を持つ人がいるはずだし、いまはインターネット上で表現できる場所はスキルさえあれば簡単に確保できるので、それに触れる機会は増えていると感じます。そんな色々な考え方に触れるために情報の海で漂流する日々です。

(知)