売れ残った犬や猫の行方

 先日、テレビでペットショップなどで売れ残った犬や猫について取り上げられていました。かつては、売れ残った犬猫は店側が保健所へ持ち込み処分されていましたが、現在では禁止されているそうです。そのため、その犬猫たちを安く引き取る業者が現れましたが、悪質な業者の場合、狭い敷地の中に多数の犬猫が飼われており、衛生上も劣悪なため、病気を引き起こすなど、深刻な事態になっているようです。

 

 私は、今現在ペットを飼える環境にないのですが、もし犬や猫を飼えるならば、ペットショップで「購入」するのではなく、処分される前の犬猫を引き取って飼いたいと以前から思っていました。その方が自分にとっても覚悟ができるような気がするのです。(動物愛護センターでも新しい飼い主に責任を持ってもらうため、一定の講習と誓約を行うようです)

 

 ただ、引き取った犬や猫が最期を迎えたとき、自分がどういう心理状況になるのか考えると、適切な表現がみつからないのですが、達成感と喪失感が混ざり合ったとても複雑なものになるのではないかと思います。

(知)