時の流れ

本日は個人的に感じたことを記したいと思います。

 

今日で阪神淡路大震災から19年経ちました。

当時、時間の経過と共に増えていく亡くなった方の数と横倒しになった阪神高速に驚き、

さらに数か月後、地下鉄サリン事件が起こり「日本の安全神話が崩れた」と世間で騒がれていたように思います。

 

私は震災後、高校野球を見るために何度か阪神電車に乗り、窓越しで沿線の景色を見てきましたが、

訪ねるごとにきれいな街並みになっていて、「(少なくとも見た目の)復興が早いな」と感じていました。

東京の地下鉄は言わずもがな、何事もなかったかのように当たり前に利用しています。

 

時間薬とはよく言いますが、見えないところでは震災も事件もいまだに苦しんでいる方がいるのだろうなと思うと

風化というのは時間薬の副作用なのかなと感じる寒い日の朝でした。

(知)